変わりゆく医師転職。医師の活躍の場は更に幅が広がっています!

医師の職場は病院のイメージが強いと思いますが、勤務先はそれだけではないのです。病院以外でも医師を求める声は多く、様々な職場での活躍が期待されています。

ホーム > 散気管を用いたエアレーション処理

散気管を用いたエアレーション処理

散気管を用いた排水の浄化を行う上で気をつけたいことは、エアレーション時間です。通常、施設に流入した排水は前段で前処理がおこなわれた後に、エアレーションタンク内で好気性微生物を含んだ液と混合撹拌されることで浄化が進行します。

タンク内に設置された散気管はタンク内に適度な旋回流を起こし、撹拌と共に微生物の呼吸を促します。

後段では処理が進行すると沈降性のある汚泥フロックが形成されます。しかし、エアレーションタンク内で過剰なエアレーションを受けた場合、汚泥フロックの破壊につながり浄化の障害になります。

散気管を用いた排水の浄化ではエアレーション時間に注意したいですね。