変わりゆく医師転職。医師の活躍の場は更に幅が広がっています!

医師の職場は病院のイメージが強いと思いますが、勤務先はそれだけではないのです。病院以外でも医師を求める声は多く、様々な職場での活躍が期待されています。

ホーム > 散気管の気泡の大きさで異なる溶解効率

散気管の気泡の大きさで異なる溶解効率

主に排水処理に用いられている散気管は、曝気槽内で汚水と微生物混合液を接触撹拌するのに使われています。また、微生物の呼吸に必要な酸素を供給する目的もあります。

管の出口には筒状や円盤型などの散気装置が付いていて、型によりさまざまな気泡の大きさがあります。

散気管の性能は水中に酸素を供給する溶解効率などで計られます。

一般的に散気管から出る気泡は小さいほど水に溶解しやすいです。合わせて撹拌効率も上がるため、トータル的な送風量は少なくなります。送風量の減少は空気を供給するブロワ等のランニングコストにも影響します。