変わりゆく医師転職。医師の活躍の場は更に幅が広がっています!

医師の職場は病院のイメージが強いと思いますが、勤務先はそれだけではないのです。病院以外でも医師を求める声は多く、様々な職場での活躍が期待されています。

ホーム > 散気管の中でディフューザー型は一番万能

散気管の中でディフューザー型は一番万能

散気管の先端部に用いる散気装置の形状には、ディフューザー型やパネル型、パイプ型などがあります。

散気管の散気装置の用途は、排水処理施設などの曝気槽や汚泥消化槽、飲食店などのグリーストラップ、池や河川の浄化などに幅広く利用されています。

特にディフューザー型は細かな気泡が作り出せるので酸素熔解効率が高く、形状が円形なので設置に必要な面積は少なくすみ、目詰まり等の障害が少なくメンテナンスが容易です。

また、形状が円形なことで隅々まで設置でき、槽内に理想的な旋回流を作ることで汚泥などの堆積は起りません。現段階の散気管で最高の排水処理パフォーマンスを発揮する型です。